卵の殻が掃除アイテムに早変わり!?上手な使い方についてご紹介☆

オムレツや卵焼きなどを作った後、皆さんは必ずと言っていいほど卵の殻を廃棄しているかと思いますが卵の殻には意外な再利用方法があることをご存知でしょうか?

中でも今回こちらでは卵の殻を使った掃除法についてレクチャーしたいと思います。

卵の殻を使った掃除法〜1.水筒掃除〜

子供さんや旦那さんが愛用している水筒を毎日スポンジで洗ってはいるものの、なかなか奥まで届かず思うように洗えていない…という方は意外と多いことかと思われます。そんな時に活用して頂きたいのが捨てる予定だった卵の殻。

やり方は至って簡単で粗めに砕いた卵の殻と少量の洗剤を水筒の中に入れて上下にしっかり振るだけでOKです。こうすることで卵の殻が研磨剤の役割を果たし、スポンジだけでは届かない箇所も綺麗に掃除することができます。

卵の殻を使った掃除法〜2.シンクの掃除〜

少量の洗剤を卵の殻につけ、シンクの周りをゴシゴシと磨きましょう。水筒を掃除するときと同じように卵の殻が研磨剤の役割を果たしてくれます。

卵の殻を使った掃除法〜3.Yシャツの洗濯〜

卵の殻を鍋に入れ、30分程煮込むことで殻の主成分である炭酸カルシウムがお湯の中に溶け出してきます。炭酸カルシウムはシミ汚れに強いため、このお湯を使って洗濯をすることでYシャツについたシミを綺麗に落とすことができるんだとか。

ただ、この掃除法は30分もガスを使うため節約中の方はゆで卵を作った時に行うのがベストでしょう。

<最新美容情報>ミストサウナが自宅でできる時代に?

通販番組等をみていると「乗っているだけで痩せるブルブルマシーン」「貼るだけでリフトップできるEMS美顔器」など便利な家電製品が多数販売していますよね。

また、サウナと聞くとスーパー銭湯にまで行かないと入れないイメージが強いと思いますが最近では「自宅用ミストサウナ」などのアイテムもあるそうです。

サイズが大きめのものからシャワーヘッドに取り付けるだけで簡単に浴室全体にミストを噴射できるものまで種類は豊富に用意されています。

ミストサウナに入るメリットは何かと言うと、短時間で体の芯からポカポカに温まること。

子育てや仕事で忙しくいつも入浴はさっと済ませていると言う女性も中にはいることでしょう。

しかし、ミストサウナであれば洗い場にも温かいミストが充満しているのでシャンプーをしたり、ボディソープで体を洗っている間もしっかりと体を温めることが可能です。