卵の殻は調理にも活用できるって本当?具体的な使い方について解説

中身だけ使えば卵の殻は普通捨てるもの…そう考えている方がほとんどかと思いますが、実はアイディア次第で卵の殻も調理に活用することができるんです!

卵の殻の意外な再利用方法

卵の殻の表面には細菌なども付着しているため使用する際は流水でしっかり洗うよう心がけましょう。

1.ぬか漬け

きゅうりや大根などのぬか漬けを作り際、糠床に砕いた卵の殻を混ぜることで酸味が和らぎ、ぬか漬けの旨味がアップします。

2.天ぷら

黒ずんだ揚げ油の中に卵の殻(軽くつぶしたもの)を少量入れると炭粒子が吸収され、油が綺麗になりトンカツやエビ天などの揚げ物料理も一段と美味しくなります。

スキンケアからインナーケアまで!マカダミアナッツオイルについて

マカダミアナッツといえばハワイの名物というイメージが強いかと思います。しかし、ただ単に美味しいだけでなく美容にも嬉しい効果が期待できることをご存知でしょうか?マカダミアナッツを普通に食べるだけでインナーケアに繋がりますが、「マカダミアナッツオイル」であれば肌〜ボディのお手入れにも使用することが可能です。

マカダミアナッツには皮膚や角質層の働きを正常に保ってくれるパルミトレイン酸が豊富に含まれており、しわやたるみなどの肌トラブルを改善する効果が期待できます。

そのほか、ビタミンAを安定させる働きがあるパルミチン酸も同時に含まれているんだとか。ビタミンAには肌や粘膜の健康を維持する働きがあり、ニキビや吹き出物ができるのを防いでくれます。

マカダミアナッツオイルの使い方

1.肌に直接塗る

化粧水をつける前にブースターとして1〜2滴程顔に馴染ませましょう。しわやシミが気になる部分には重ね塗りすることをオススメします。また、デコルテは年齢が出やすい部分なので顔に馴染ませた後、そのままリンパマッサージをするようにデコルテも保湿してあげると尚良いですね。

2.料理に使う

最近雑誌でもよく紹介されているえごま油やアマニ油といった健康オイルは加熱してしまうとせっかくの栄養素が壊れてしまうため、サラダやカルパッチョなどのレシピにのみ使えませんが、マカダミアナッツオイルに関しては加熱しても酸化しづらいという特徴があります。

例えばチキンソテーや野菜炒めなどの料理やトマトスープなど様々な料理に応用していくと良いでしょう。マカダミアナッツオイルは海外輸入品専門店や通販サイト、デパートの地下で手に入れることができますのでご興味がある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか?